メール配信システムとは?

大量のメールを一斉に配信できる

メール配信サービスとは、予め決めておいた文面を定期的に配信するサービスであり、多くのユーザーに向けて一斉送信できることが強みとなります。数人あるいは数十人くらいなら少ない担当者が手動で対応できるかもしれませんが、数百人数千人に対して手動配信を行うのは現実的ではありません。そこで、メール配信サービスを活用すれば、送信時間を調整しながら適切なタイミングで効果の高いメールを送信できるのです。また、文面に関しては企業や担当者自らが決める必要がありますが、端末ごとに調整する必要のあるレイアウトなどはメール配信システムが独自にこなしてくれることもあります。そのため、最初の設定と文面を考えること以外は自動化できる魅力があります。

メールを配信する以外の機能

メール配信システムという名前から、メール配信のみに特化したサービスと捉えがちですが、実は多機能な性能が備わっているのもメール配信システムの魅力となります。例えば、ステップメールの導入です。ステップメールとは、一度のメール送信ですべての情報を伝えきらず、複数回に分けて紹介する方法です。手動でやると手間も数倍になりますが、自動配信なら設定だけで完了です。また、付随しているURLの開封率なども確認できます。どんな文面やメールならURLをクリックしてくれるのか、それを考えながら実践できるため、ノウハウを蓄積できるのです。他にも、登録されたメールアドレスが重複されていないかをチェックしたりと、様々な機能が備わっています。

メール配信のサービスは様々な分野で活用されています。例えば各自治体で防災メールを登録していると、不審者情報や天候の注意などメール配信を受信できる場合もあります。